士別市立病院

文字サイズ
標準
拡大

お問い合わせ電話番号 0165-23-2166

トップページ > 最新情報 > 2018年 > 10月

2018年10月

2018/10/26 お知らせ
第26回院内研究発表会・認定資格取得者表彰を実施しました。

 1023日、職員60名の参加により院内研究発表会を実施しました。これは、「職員の相互啓発意欲と業務参加意識を高めるため、業務に関する諸問題を研究し業務改善に資する」ことを目的に行われ、第26回を数える歴史あるイベントです。

 発表は、訪問看護ステーションあゆみが「選ばれる訪問看護ステーションになるために~ケアマネージャーへのアンケート結果から~」、薬局が「抗がん剤への閉鎖式薬物移送システムの有用性の検討」、栄養管理室が「栄養管理室における災害時対応~北海道胆振東部地震の経験~」の三題が行われ、中でも96日の地震発生及び停電時における入院患者への食事提供への給食調理部門の対応と課題意識が評価され、栄養管理室演者の桐澤管理栄養士が最優秀賞を受賞しました。

 併せて、直近1年間の認定資格取得者表彰式も行われ、日本不整脈心電学会認定の「認定心電図技師」を取得した臨床検査室の小野寺技師が表彰されました。

  

2018/10/25 お知らせ
クリニカルラダーレベルⅢの症例発表会を開催しました。

 認定看護師2名による指導のもと準備を進めてきたクリニカルラダーレベルⅢの症例発表会をH30年10月16日に開催しました。

 各職場の上司をはじめ多くの先輩や後輩が見守る中、病棟、外来から7名の看護師が緊張の面持ちで日頃の成果を発表しました。

 どの発表も患者様に寄り添った優しい看護が感じられ、大きく成長した看護師たちがとても頼もしく思えました。

 今後も専門職として探究心を持ちながら研鑽を積み重ねて行ってほしいです。

 

 DSCN0496-1DSCN0492-1

 

2018/10/17 お知らせ
風しんに対するご注意

 現在、首都圏を中心に風しんの届数が大幅に増加しています。2018年10月7日までの累計報告数は1,103人となり、昨年の12倍の報告数となっています。感染者は30~50代の男性に多く、ワクチンの定期接種の機会の無かった世代に集中しています。

 風しんは妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんに重い障害(先定性風疹症候群)が残る場合があり、全国に注意喚起されています。

 関東方面の流行地域へ旅行等で移動される場合は、十分な注意が必要です。事前に厚生労働省のHPなどで風しんの状況を確認してください。

 風しんかもしれないと思ったら、医療機関を受診する前に、一度電話でご連絡下さい。来院時は公共交通機関の利用は避け、自家用車でお越し下さい。問診時に流行地域への渡航歴、発症するまでの詳しい移動経路等や接触者を確認する場合がありますのでご協力をお願いします。

 

お問い合わせ先 士別市立病院 ℡0165-23-2166

2018/10/15 お知らせ
電気設備年次点検のため、一部を除き停電します。

 平成30年11月4日(日)午後0時から午後2時までの予定で一部を除き、停電して電気設備の年次点検を実施します。

 停電中は、院内が暗くなる・エレベーターが1台のみの運転になる・自動販売機やテレビが利用できなくなるなど、ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご了承願います。

 なお、停電開始時間は救急の受け入れなど状況により、変更することがあります。

2018/10/04 お知らせ
H30年度インフルエンザワクチンの受付について

H30年度インフルエンザワクチンの受付が以下の日程で始まります。

①受付について

受付開始日 10月22日(月)から

受付場所  電話もしくは1階受付窓口

受付時間  8時45分~17時

②接種日程・接種時間

大人(高校生以上) 11月6日、11月20日、12月4日、12月11日

時間 13:30~15:00 ※接種時間は15分刻みで行っております。

子供(中学生以下) 11月7日(水)から毎週水曜日

時間 15:30~16:30

③接種会場

大人  保健センター1階集団検診室

子供  小児科外来

④接種料金

通常1回3,400円(13歳未満の患者は2回接種となり1回2,700円となります)

※士別市在住の今年度65歳以上の方 自己負担1,300円(士別市で2,100円助成)

※士別市在住の1回目接種時13歳未満の方 自己負担1,350円(士別市で1,350円助成、2回接種両方助成対象)

何か不明な点がありましたらインフルエンザ予約担当(1階窓口・内線2156)までお願いいたします。

 

2018/10/03 お知らせ
2018まなびとくらしのフェスティバルに参加しました。

 9月30日に士別市勤労者センターで行われた「2018まなびとくらしのフェスティバル」に、市立病院からは臨床検査室が「血管年齢測定」装置を持込みブースを開設しました。予想をはるかに上回る108名の方に参加いただく盛況でした。

 

まなびとくらしのフェスティバルの様子

2018/10/03 お知らせ
士別ライオンズクラブ様からリングプル等集積ボックスを寄贈いただきました。

 士別ライオンズクラブ(会長:平中喜幸)様から、9月27日にリングプルとペットボトルキャップを集めるボックスを3セット寄贈いただきました。

 リングプル600~750kgで車イス1台分の金額に、ペットボトルキャップ860個でポリオワクチン1個分相当になるそうです。

 長島院長から、病院で活用させていただくことを感謝申し上げるとともに、2階東、4階、5階病棟に設置いたしました。

 

ライオンズクラブ様から寄贈の様子1

ライオンズクラブ様から寄贈の様子2

 

2018/10/03 お知らせ
医療講演会を開催しました。

 9月27日、NPO法人医療制度研究会副理事長の本田宏氏をお招きし、「本当の医療崩壊はこれからやってくる」をテーマに講演会を開催しました。日本の医療界について先進諸国との比較で、都市部への医師偏在ばかりが問題視されているが、そもそもは医師不足が根本の問題であること、それにより過重労働前提で医療体制を確保しなくてはならない実態など、普段伝わってこない情報をわかりやすく解説していただきました。病院職員をはじめ、市長や市議会議員、市内医療関係者等で会場が満員となる105名の方に参加いただきました。

 

講演会の様子1

講演会の様子2

講演会の様子3

 

get_template_part('views/elements/pagination');