士別市立病院

文字サイズ
標準
拡大

お問い合わせ電話番号 0165-23-2166

トップページ > セクション紹介 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

物理療法室

温熱療法

ホットパック2

 熱や電磁波・超音波などのエネルギーを体に加えることで、循環を促進したり痛みを軽減することを目的とした治療です。
当院では主にホットパックを用いた温熱療法を行っており、患部の大きさに合わせたホットパックを使って『血流の増加』『筋肉の緊張を緩和』『鎮痛』等を促しています。

適用としては『腰痛』『リウマチ』『変形性関節症』『腱鞘炎』等幅広く使用されます。注意点としてホットパック本体は高温な為、火傷を起こす危険性があります ので、強い熱を感じたら直ぐに職員にお申し出下さい。また火傷の原因になりますので、ぬり薬はリハビリ後に使用して下さい。

電気療法

干渉波2

 電気刺激により『痛みの軽減』『筋力低下の予防』『循環障害の改善』を目的とした治療法です。
当院では『干渉低周波療法』というものを使用しています。
干渉波とは体内で異なる2種類の電流を組み合わせ、新たな周波数の電流を発生させるもので、今までの電気療法よりも電気刺激による不快感が少ないとされており、体のより深部に電気が通りやすい性質を持っています。
適応としては『捻挫』『痛みの軽減』『神経炎』『仮骨形成不全』などに用いられます。

牽引療法

牽引2

 現在リハビリテーションで用いられる牽引療法は頚椎介達牽引と腰椎介達牽引というもので、顎や腰バンドを付けて『数秒間引っ張りその後緩める』ことを繰り返す『間歇牽引』と呼ばれる方法で行っています。
牽引療法では頚椎・腰椎の間にある椎間板の圧力を下げることにより『痛みを軽減』する効果の他、『椎間板や椎間関節の矯正』『周囲の筋肉のストレッチ』『循環の改善』などの効果があり、『頚部・腰部の椎間板ヘルニア』『頚椎症性脊髄症』『肩や肩甲骨の筋肉痛・こわばり』『椎間板の変性』『変形性脊椎症』などの治療に用いらます。

機能回復訓練室

機能回復訓練室ではケガや病気によって日常生活における動作が困難になった方に対して、『寝返る』『起き上がる』『立つ』『歩く』などの基本的な動作の改善や『食べる』『排泄する』などの行為が困難な方に対し、家庭や社会に復帰することを目的に運動をする所です。

当院では、『骨折』や『変形性関節症』『靭帯損傷』『脊髄損傷』などの整形外科疾患の他、『脳出血・脳梗塞』などの脳血管疾患、『パーキンソン症候群』『糖尿病』など様々な疾患に対するリハビリテーションを行っております。

また認知症における見当識障がい(時間・場所の混乱)や気分が抑うつ状態の患者さまに対しても、レクリエーションを通じて楽しさや身体を動かすことからアプローチしていきます。

訓練室全体2エルゴメーター2上肢2

 042[1]043[1]045[1]