士別市立病院

文字サイズ
標準
拡大

お問い合わせ電話番号 0165-23-2166

トップページ > 病院紹介 > 沿革

沿革

昭和29年 (1954年) 国民健康保険士別病院として診療開始
整形外科新設
昭和30年 (1955年) 小児科新設
昭和31年

(1956年)

皮膚科、泌尿器科新設
精神神経科新設
昭和32年 (1957年) 市立士別総合病院として許可を受ける
昭和37年 (1962年) 許可病床数310床となる
昭和39年 (1964年) 救急指定病院となる
昭和48年 (1973年) 許可病床数321床となる。
昭和51年 (1976年) 人工腎臓透析室設置
昭和60年 (1985年) 結核病床40床を廃止する
昭和62年 (1987年) 新築移転・病床数一般240床、精神神経科67床 計307床
標榜科目10科目
内科、外科、整形外科、婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、精神神経科、泌尿器科、皮膚科、眼科
平成6年 (1994年) 標榜科目 麻酔科新設し、全11科目
平成7年 (1995年) 診察予約制を開始
院外処方箋の発行開始
平成8年 (1996年) 成人病健診センター開設
平成10年 (1998年) 透析センター増設、医療機器管理センター新築
平成13年 (2001年) 透析センター増床(13床→15床)
平成15年 (2003年) 精神科病床廃止(67床)
療養病棟開設(30床)
平成17年 (2005年) 施設内全面禁煙実施
シネアンギオ装置更新(PHILIPS製 Allura Xper FD10c)
平成18年 (2006年) NST活動の開始
オーダリングシステム導入
平成19年 (2007年)

内視鏡センター開設
糖尿病センター開設
糖尿病専門外来の開設
病院名称変更「士別市立病院」

平成20年 (2008年) 脊椎専門外来開設
療養診療科外来開設
64列マルチスライスCT導入(PHILIPS製 Blliriance64)
一般病床40床を廃止する(許可病床数230床となる)
呼吸器専門外来の開設
面会時間の制限廃止
平成21年 (2009年)

内視鏡センター・ペグセンター設置
日本内視鏡学会の指導施設に認定
病院敷地内全面禁煙
禁煙外来開設
MRI装置更新(GE製 Signa HDi 1.5T)

平成22年 (2010年) ストーマ外来の開設
平成23年 (2011年)

開設許可変更 病床数一般179床、療養20床
実質病床 (一般150床、療養20床 計170床)

平成24年 (2012年)

実質病床 (一般150床、療養0床 計150床)
放射線画像情報システム(PACS)導入

平成25年 (2013年)

道北北部連携ネットワークシステム(ポラリスネットワーク)運用開始
循環器内科、消化器内科、放射線科を追加(15診療科)
実質病床 (一般144床、療養0床 計144床)
亜急性病床開設(4室16床)

平成26年 (2014年)

開設許可変更  病床数 一般169床 療養30床
実質病床 (一般病床100床、療養25床)

平成27年 (2015年)

実質病床 (一般病床91床、療養30床)
地域包括ケア病床開設(3室9床)
オーダリングシステム更新
開設許可変更  病床数 一般91床 療養88床
実質病床 (一般病床91床、療養50床)

 平成28年 (2016年)

 実質病床(一般病床60床、療養80床)